« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月30日 (金)

ジャイアンツ 31年ぶりの10連敗

ジャイアンツ、ついに10連敗です。

毎日のように、先発メンバーを変え、
打順を変え、守備位置まで変えて。
その結果、6月は、6勝19敗の借金13です。

開幕からの3ヶ月で、一軍登録・抹消が、延べ47名。
そのうち、6月だけで22名の一・二軍入れ替え。
これでは、誰が一軍で、誰が二軍なのか?

阪神や中日に較べて、戦力的に、
劣っていることは、もう理解できたから。
今年、優勝できなくても、
原監督をクビにしろ、なんていわないから。
ただ闇雲に、選手を入れ替えるのは、
もうやめにしませんか。

31年前に10連敗した長島ジャイアンツは、
その年、球団史上、ただ一度の最下位となりましたが、
選手たちは、その屈辱をバネに、翌年、翌々年と、
リーグ優勝を果たしました。

もうそろそろ、
来年、再来年に繋がるゲームをしようよ。
そのための選手起用を考えませんか。

| | コメント (465) | トラックバック (47)

2006年6月28日 (水)

埼玉県民優先販売、申込みを完了

浦和レッズ、8月から12月開催のホームゲーム、
10試合分のチケット販売が始まりました。
まずは、埼玉県民向けの優先販売(抽選)です。

はじめに、唯一の日曜開催である、
10/15(日)の福岡戦を申し込みます。
次に、通常、土曜は事情があって参戦は難しいのですが、
お盆期間中なので、ほぼ行けると思われる、
8/12(土)のFC東京戦を。
そして、最後に、行ける可能性は半分程度ですが、
やはり、ホーム最終戦となる、
12/2(土)のガンバ大阪戦は申し込んでおきます。
(優勝が懸かっていたら、最高に盛り上がることでしょう)

以上、3試合のみと少々寂しいですが、仕方がありません。
抽選に当たることを祈ります。
それでもハズレたら、Family Mart先行販売で。
さらにダメなら、一般販売で何としても。

8月12日まで、あと45日、か。

| | コメント (91) | トラックバック (13)

2006年6月25日 (日)

イースタン 巨人VSロッテに行く

Sh0075 25日は、さいたま市営大宮球場まで、
イースタンの巨人VSロッテ戦を観に
行ってきました。
イースタン戦は、昨年4月23日に
同じ球場で行われた、
巨人対インボイス(西武)戦以来の観戦です。

そのときは、開幕早々に一軍でホームランを打ちながら、
二軍に落とされていた矢野の他、
川中、鴨志田も出場していましたが、
何といっても目を引いたのが、亀井でした。

打ってよし、守ってよし、走ってよし。
何でこんないい選手が、二軍にいるの?
巨人は、この選手を二軍でどうしたいんだ??
さすがにその後、一軍に上がり、矢野とともに
外野の定位置争いをするほどになりましたが。

さて、今日は、どんな選手が見られるのでしょうか。

先発メンバーには、脇谷、岩舘、川中、堀田等が名を連ね、
ピッチャーは辻内とくれば、期待は高まったのですが…。
結果は、ホームページにある通り。

辻内ついて、今はプロ仕様に変更中というところでしょうか。
時間は多少かかっても、素材は抜群なのですから、
しっかりと育ててほしいものです。

Img11123 この試合で、唯一、目をひいたのは、
3番手で登板した越智です。

卒業資格取得のため、
まだ、大学にも通っているようですが、
長身から繰り出すストレートは
大きな魅力、来年の今頃には、
一軍で投げている姿が見られるのではと
期待させられました。

でも、もうちょっと、
何とかしてほしいゲームだったな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年6月24日 (土)

浦和レッズ いざドイツへ

本日、日本代表の帰国と入れ替わるように、
浦和レッズがドイツ合宿に出発しました。

このところ、J1のゲームがなくて、
物足りない日々を送っていますが、
7月19日(水)のリーグ戦再開まで、
あと3週間強、もう少しの辛抱です。

長い中断期間があるため、
リーグ戦も後半を迎えるような錯覚に陥りますが、
現時点では、全34ゲーム中12ゲームが終わっただけ。
まだ、シーズンは2/3を残しているわけで、
楽しみは、これからです。

達也も徐々に、調子を上げてきているようです。
無理は禁物ですが、8月から9月にかけて、
少しづつゲーム勘を取り戻していき、
優勝の懸かった終盤戦に間に合ってくれれば。
そしてリーグ初優勝のその瞬間、その輪の中に、
達也がいてくれていれば、と願うばかりです。

どこぞの国のサッカーとは違う、
決定力豊富なFW、ワシントン、達也に、
ポンテ、伸二、長谷部、暢久(山田)が絡み、
三都主、闘莉王、啓太(鈴木)、堀之内もゴールを狙う。
それでも足りなければ、あるときは永井や相馬が、
そしてさらには岡野やエスクデロが…。

想像するだけで、
リーグ戦再開が、待ち遠しくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

セ・パ交流戦 巨人VS楽天に行く

Sh0071_2

18日は、ジャイアンツ戦、
今シーズン5度目の観戦。
今回は、息子の希望に応え、
外野席に陣取りました。

外野指定席は人気が高く、
内野指定席に較べてチケットを取るのが難しい、
という印象があったのですが、コンビ二で、
一般の発売日に普通に買うことができました。

最も、ライト側ではなく、レフト側巨人応援席でしたが、
いえば、埼スタ「南サイド」のようなもので、
ジャイアンツの攻撃のときも、ずっと立ちっぱなしではなく、
適当に、立ったり座ったりしながら、
都合よく、応援に参加することができました。

Img9747外野席で応援する野球は、
内野席で観る野球とは一味違って、
また楽しいものです。

残念ながら試合は、
14三振を奪った上原の好投むなしく、
打線の援護がないばかりか、
守備で足を引っ張る形となり、1対2で負けてしまいました。

秋まで、優勝戦線に残って欲しいのですが…。

私の今期観戦成績:2勝3敗と負け越し

| | コメント (98) | トラックバック (19)

2006年6月16日 (金)

ドイツ、エクアドル、決勝トーナメント進出

ドイツ、そして密かに注目のエクアドルが、
々と決勝トーナメント進出を決めました。
エクアドルのデルガド、
2試合連続のGOAL!

を決めています。

今、イングランド対トリニダード・トバゴ戦が行われており、
前半終了して、0対0です。

昨年7月に行われた、Vodafone Cup、
浦和レッズ対マンチェスター・ユナイテッド戦を観に行ったときに、
2ゴールをあげて、一際その輝きを放っていたのが、
イングランド代表のルーニーでした。

このまま0対0が続くと、骨折から復帰した、
ルーニーの途中出場がありそうです。

今日は、3時まで、寝られません。

| | コメント (383) | トラックバック (5)

2006年6月13日 (火)

坪井、三都主、小野伸二

坪井は、いい守備していたけれど、足の状態が心配です。
リーグ戦に影響がでないといいのですが。

三都主は、居場所を探しているうちに、動きも悪くなり、
本来の良さが発揮できていませんでした。
駒野の方が、守備はまだ貢献していたし。
攻撃は、加地と比べれば、どうしても…ですが。

小野は、ゲームで見てみたかったけど、
さすがに、あの場面で、柳沢に代えての投入はないかな、と。
どうせなら、もっと早いタイミングで、中村に代えて欲しかったし、
守備を固めるなら、中田浩二か稲本だっただろうし。

急速に、リーグ戦再開が待ち遠しくなってきました。

| | コメント (21) | トラックバック (5)

2006年6月12日 (月)

豪州戦、キックオフまであと10分

間もなく始まります、日本のドイツワールドカップが。
一時は楽観ムードもありましたが、
今はとても、そんな気持ちにはなれません。

Sh0073 私の好きな作家の一人、
馳星周は、
アエラ臨時増刊
「ワールドカップ」の中で、
以下のように語っています。

「冷静に分析すれば、日本が組み入れられたグループで
最も力が劣るチームがどこなのかはだれにでもわかる。
ブラジルが断トツで、続いてクロアチア。
日本とオーストラリアは選手個々の力は五分だが、
監督の能力の差が歴然としている。」

それでも、頑張れ、頑張ってくれ、ニッポン!

馳星周の言っていることが正しかったのか、
それとも、そうでなかったのか、
結果が出るまで、あと2時間。

蹴球中毒(サッカー・ジャンキー) Book 蹴球中毒(サッカー・ジャンキー)

著者:馳 星周,金子 達仁
販売元:文藝春秋
Amazon.co.jpで詳細を確認する

夜光虫 Book 夜光虫

著者:馳 星周
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

不夜城 Book 不夜城

著者:馳 星周
販売元:角川書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

不夜城 DVD 不夜城

販売元:東映
発売日:2001/10/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (493) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

ワールドカップ、いよいよ始まる

今日、仕事で大手町の丸ビルに行ったら…、
1階に、宮本恒靖選手の「FOOTBALL PARK」がありました。
Sh0068全然、知らなかったので、かなり驚きました。
休日のお昼どきだったこともあり、
列が連なっていたため、
中には入れませんでしたが、
外から、じろじろと覘いておりました。

金曜日に、ワールドカップが開幕しました。
ドイツ、イングランド、アルゼンチンの勝ち点3は順当。
予選リーグは、ゲームの中身はどうであっても、
勝ち点さえ積み上げれば、いいのです。

そして、格上と思われたポーランドを2対0で破った、
デルガド率いるエクアドル。侮れません。
今後の戦いに注目したいです。

いよいよ、明日はオーストラリア戦。
TVの前で正座して、日本の勝利を祈ります。

| | コメント (1017) | トラックバック (57)

2006年6月 9日 (金)

浦和レッズ、ナビスコ敗退…

7日のゲーム、川崎フロンターレに2対1で破れ、
ナビスコカップ、準々決勝でまさかの敗退。
ショックが大きすぎて、昨日は書く気になりませんでした。

さて、なぜ負けたのでしょうか。
浦議(浦和レッズについて議論するページ)のメイン掲示板には、
いろいろと意見が書きこまれていますが、TV中継がなかったため、
私はこの目で見ていないので、今は何ともいえません。
とりあえずは、
今日23:00からのGGRをじっくり見ることにします。

さて、もう間もなく、ワールドカップの開幕戦が始まります。
これからの1ヶ月間は、睡魔との闘いの日々ですね。

| | コメント (103) | トラックバック (1)

2006年6月 7日 (水)

大宮アルディージャ、ホームゲーム招待

大宮アルディージャでは、さいたま市の西区・北区・大宮区・
見沼区・岩槻区在住者を、7月22日以降のホームゲームに
招待するそうです(詳しくは、アルディージャHP)。

浦和レッズと大宮アルディージャは、ホームタウンが
同じさいたま市のため、一方がホームゲームの場合、
もう一方は必ず、アウェーに出ています。

そのため、レッズがアウェーの時に、スケジュールが合うと、
アルディージャのゲームを観に行っています。
昨年は4ゲーム、今年も2ゲーム、足を運びました。

レッズ戦は、どうしても感情が入り過ぎて、
緊張感も、興奮度合いも高くなりますが、
アルディージャ戦は、ゆったりとした気持ちで、Jの試合を
純粋に楽しめます(アルディージャ サポーターの皆さん、
応援はちゃんとしているので、怒らないでください)。

例えていえば、子供の頃、ジャイアンツの次に好きな球団で、
観ようと思えば、いつでも観ることができた、
南千住の東京球場が本拠地だった、
ロッテオリオンズのような存在でしょうか。

まだ、Jリーグのゲームを観たことがないという、
さいたま市各区の方は、ホームゲーム招待に
応募してみるといいですよ。

| | コメント (376) | トラックバック (36)

2006年6月 6日 (火)

原監督、ローテーションを守って!

4日(日)に好投した、ジャイアンツ上原の前回登板は、
1ヶ月前の阪神戦でした。

3月31日(金)の開幕戦以降、4月28日(金)まで、
中6日のローテーションを守っていたフライデー上原。
しかし、5月4日(木)の阪神戦で、初めて中5日で
登板したところ、肉離れを起こし、途中降板。
結果的に、1ヶ月間の休養を余儀なくされました。

翌5日(金)、ローテーションからいけば、
上原が投げるはずだった試合を、
私達親子は、スタンドで観戦していました。

試合は、今季2度目の先発となった野間口が
ヤクルト打線に打ち込まれ、10対5の大敗…。

次回は、6月18日(日)楽天戦に行く予定です。

原監督、
それまで中6日のローテーションを守って、
サンデー上原でお願いします。

| | コメント (535) | トラックバック (70)

2006年6月 5日 (月)

セ・パ交流戦 巨人VS西武に行く

Kif_0035 4日は、ジャイアンツ戦、
今シーズン4試合目の観戦。
相手は、原ジャイアンツと同様に、
スタートダッシュに成功した
伊東西武です。

試合は前夜のヒーロー清水の、
先頭打者ホームランで1点を先制。
7回、カブレラのホームランで追いつかれるも、
9回、またもや清水の犠牲フライでサヨナラ勝ち!

Img52575_1 守備でも魅せた、
清水の活躍はいうまでもありませんが、
小久保に代わって出場し、
サヨナラの舞台を演出する三塁打
&ホームを奪った、脇谷の足。
そして、1ヶ月ぶりの登板で結果を出した、
エース上原も気持ちが伝わる投球でした。

これで5連勝を飾り、首位を奪回です。

私の今期観戦成績:2勝2敗のタイ

DVD 読売ジャイアンツDVD年鑑 season’05-’06

販売元:バップ
発売日:2006/03/24
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (273) | トラックバック (67)

2006年6月 3日 (土)

浦和レッズ 4対3で第1戦を勝利

3日は、ナビスコ準々決勝の第1戦目です。
でも、その前に一仕事。

朝、4時20分に起床。家族を起こさぬよう、
物音を立てずに身支度を整え、いざ目的地へ。

4時50分到着。それから待つこと、1時間10分。
定刻通りの開門と同時に、校庭を猛ダッシュ。
Sh0060_4
子供の運動会の前に
繰り広げられる、早朝の
静かな戦いに勝利し、
場所取りは完了です。

運動会が終わり、家に帰ります。

TV中継がないので、浦和レッズについて議論するページ
の実況掲示板で経過を追います。
スタジアムに行けず、TV中継もない時に、
この掲示板は、本当にありがたいです。そして、00014430t

ワシントン、4発弾!
浦和レッズ、4対3で
川崎フロンターレに勝利!

7日の第2戦、引き分け以上で、
勝ち抜けです。

天皇杯、スーパーカップに続き、
ナビスコカップも見えてきました。

でも、現在リーグ戦の1位と2位が激突する、
こんないいゲームを、何で生放送しないのかなぁ。

浦議年鑑―浦和レッズについて議論するページ Reds supporters.net〈2005〉 浦議年鑑―浦和レッズについて議論するページ Reds supporters.net〈2005〉

販売元:ネコパブリッシング
Amazon.co.jpで詳細を確認する

| | コメント (185) | トラックバック (26)

祝!REDS TV GGR 200回記念

「REDS TV GGR」とは、毎週金曜の23:00-23:30に
テレビ埼玉で放送している、浦和レッズ応援番組です。
ちなみに、土曜の7:30から再放送もしています。

2日の放送は、ちょうどその200回目のものでした。
私は、毎週欠かさず、ビデオに録って見ています。
息子も必ず、見ています(もちろん、ビデオで)。
埼玉には、そんな家庭がたくさん存在しています、たぶん。

今日は、いよいよ、
ナビスコカップ準々決勝の第1戦目です。
予選Aグループ1位の浦和レッズは、
予選Bグループ同じく1位の川崎フロンターレと、
ホーム駒場で15:00から対戦します。

今日は、仕事ではありませんが、とても大切な予定があり、
スタジアムへは行けません。
でも、祈っています、浦和レッズの勝利を。

WE ARE REDS!
WE ARE REDS!
WE ARE REDS!

| | コメント (254) | トラックバック (11)

2006年6月 2日 (金)

浦和レッズ 後半戦の日程決まる

Jリーグの、17節から34節までの日程が発表になりました。

浦和レッズの日程をみると、
日曜のホームゲームが、わずかに1試合しかありません。
私の場合、土曜日は都合をつけるのが難しいため、
日曜開催の増えることを期待していたのですが。

しかも、唯一の日曜のホームゲームは、駒場開催とは。
何で、埼玉スタジアムじゃないの?
駒場だと、チケット取りも楽ではないです。

こうなれば、アウェーの日曜開催となる、
大宮戦(9/10)、FC東京戦(11/26)は参戦するとして、
あとは、ナビスコの日程に期待。

そして今年も、
年末~年始は、天皇杯を最後まで。

| | コメント (578) | トラックバック (15)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »