« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

FC東京と引き分け、勝ち点1

26日は、アウェーのFC東京戦。

0611262

スタメンは、前節と同様で。
現時点でのベストメンバーと
いってよいでしょう。

序盤は、双方、積極的な展開。
そうしたなかで、隙をつかれ、
ゴール前に攻め込まれますが、
闘莉王、山岸の体をはった
ディフェンスで、これを凌ぎます。

レッズもチャンスは作るものの、
Jリーグ初先発の相手GK塩田の
好セーブもあり、得点を奪えず、
0対0のまま、前半を終了。

後半になると、FCのサイド攻撃を
警戒してか、5バック気味となり、
その分、攻撃が手薄に。

終盤は、勝ちに行くというよりも、
負けないサッカーに徹して、
0対0のまま、タイムアップ。

0611261

やはり、意識してしまうんだろうな。
攻撃に関しては、慎重過ぎて。
相手のDFに、きっちり対応されて
しまいました。

それも含めて、この試合の
FC東京の出来は、攻守ともに
かなりよかったのでは。

2位のガンバ大阪は、京都相手に
ロスタイムで決勝点をあげ、
しぶとく食い下がってきました。

今日の試合は残念でしたが、
リーグ戦を1年間戦い抜いてきて。
最終節で、1位と2位のチームが
直接対決によって、
雌雄を決するという願ってもない
場が用意されています。

そして、今日の引き分けで得た
勝ち点1を含めて、
2位ガンバ大阪に対する、勝ち点3、
得失点差5のアドバンテージは、
第33節までに築き上げてきた
貴重な財産です。

が、しかし。
ホームで迎える最終戦。
試合前から、引き分けでとか、
負けても2点差以内で何ていわず、
きっちりとガンバを叩いて、
力の差を見せつけた上で、
シーズンを締め括りましょう。

WE ARE REDS!WE ARE REDS!WE ARE REDS!

アウェーチケット、プレリザーブではずれ、
前売りも初日即完売で入手できず、
TV参戦となったが。スタンドが映るたびに、
ホーム側の空席が目立って。
ホームチケットでも、アウェー側に
入れたのだと思うけど、それでいいのなら、
最初から、そう言えって感じ。
あとから、そういうことを認めるから、
結局、収拾がつかなくなるっていうことを、
FCの関係者は理解していないんだよな。

| | コメント (728) | トラックバック (182)

2006年11月24日 (金)

甲府に完勝し、勝ち点差5に

前節の名古屋戦、負けはしたものの、
4バックは機能していたし、ゴール前までの
攻撃の組み立ても悪くなかったです。

さあ、気持ちを切り替えて。

23日は、第32節、20戦連続無敗中の
ホームに、甲府を迎えます。

061123

スタメンは、前節と同じですが。DFを、
闘莉王ネネ内舘の3バックに戻して。

レッズは序盤から、前線にボールを
集め、ワシントン山田ポンテ
ゴールを襲いましたが。
なかなか得点には結びつかず。

34分と41分には、PKを得るものの、
ワシントン決めることができず、
前半を0対0で終えます。

この嫌なムードを振り払ったのは、
山田ワシントンでした。
後半開始1分、右からの
山田のクロスに、逆サイドで
ワシントンが頭で合わせ
待望の先制点をあげます。

相手が1人少ない中、
後半19分には、山田が
左サイドでボールを受けると、
ドリブルで3人をかわして、
芸術的なゴールを決め2点目。

061123_1

さらに、その4分後、
三都主のコーナーに
またしてもワシントンが頭で
叩きつけて、ダメ押しの3点目。

その後、ネネ細貝平川永井
三都主相馬を投入。
危ない場面はあったものの、
そのまま逃げ切って、3対0で
完封勝ちし、勝ち点3をゲットです。

ワシントン、PK2度の失敗を、
よく取り返したなあ。
やっぱり、最高のストライカーだよ。


そして、山田は、このゲームでも
終始、キレキレで。本当に
頼もしい、我らがキャプテンです。

2位ガンバが引き分けたため、
勝ち点差は5と開きましたが、
それは、それとして。

次節、26日の
アウェーFC東京戦を
きっちりと勝って、
……といきましょう!

| | コメント (343) | トラックバック (252)

2006年11月21日 (火)

ホームカミングデーに出席

18日は、「ホームカミングデー」ということで、
自分の出身高校へ、●年ぶりに足を運びました。

ちなみに、ホームカミングデーとは、学校が、
節目の年次の卒業生を招待し、母校での
楽しい1日を経験してもらおうという催しで。
今回は、卒業50・45・35・25・15・10・5年目が
対象でした。

私の卒業後●年の間に、
母校は大きく変貌を遂げていたのですが。

  ●年前            現在
中学と高校のみ     → 小学校もできた
高校は普通科と商業科 → 普通科のみになった  
男子校だった      → 男女共学になった
新宿区にあった     → 国分寺市に移転した

これだけ変わっていても、行ってみたら、
やはり、母校は母校です。

「文武両道」、「去華就実」、「三敬主義」。
在学中は、何いってんだろうという感じでしたが、
今になって、字面だけではない、言葉の
本当の意味がわかってきたように思います。

そして、在校生の活動振りをみせてもらって、
(まだ言葉の意味は理解していないかもしれない)
在校生にも、確実に校訓・校風が引き継がれて
いっているなと感じ、嬉しい気持ちになりました。

応援委員会・吹奏楽部による「校歌」「紺碧の空」
「若き力」「伝統の旗」そして「早稲田の栄光」。

皆で歌っているうちに、今年の夏の、
あの熱い思いがまた蘇ってきて。
本当に後輩達に感謝です。
(優勝旗の前で、写真も撮ってしまいました!)

そしてなんといっても、旧友や恩師との会話。
昔話や現在の話、本当に話がつきません。
連絡先を交換し、幹事役が連絡先リストも
作ってくれることになりました。

●年ぶりの登校を機に、
何かが動き始める…。かな。

| | コメント (662) | トラックバック (154)

2006年11月19日 (日)

油断大敵(自戒)

第31節、名古屋戦は、0対1の敗戦。
油断してるんじゃないよ。

061118

選手が?監督が?コーチが?
いいえ、自分がです。

第30節が終わった時点で、
勝ち点差が6に広がったから
何だっていうんだ。

勝ち点差6なんて、2試合で
なくなってしまう程度の、
僅差じゃないか。

それなのに、もう優勝が
決まったかのごとく、
天皇杯トーナメント表に目をやり、
仕事他の調整の算段なんかして。

そんなことだから、大事な一戦に
負けてしまったじゃないか。
リーグ戦から、目をそらすな。
現地に行けなかったからといって、
気、抜いてる場合か?

油断大敵。

残り3ゲーム、現地に行けても、
行けなくても、気持ち込めて、
参戦します。

4バックはうまく機能していたし、
ゴール前までの攻撃の
組み立てだってよかったよ。

ただ、そのレッズに点が入らず、
たまたま、名古屋に1点が
転がり込んだだけだ。

サッカーには、こんなこともある。
次節は、ホーム甲府戦。
気合入れてけ、自分。

| | コメント (428) | トラックバック (39)

2006年11月14日 (火)

第30節 浦和 VS 横浜FMに行く

4日の天皇杯4回戦では、GK都築が先発。
でもUPのときの、山岸の気迫たるや、
物凄いものがあり。若手の横山たちも、
見習って欲しいなと思っていました。

さて、11日は、第30節の横浜Fマリノス戦。
当日は、子供の学校のオープンスクール
のため、早朝から参観。昼まで、いろいろと
観て回ってから、いざ埼玉スタジアムへ。
いつもと違う、バックスタンド北寄りに潜入です。

Kif_0099

山岸が体調不良のため、都築が先発。
こういうこともあるんだな。天皇杯、
出場させておいて、正解だったよなぁ。

最初のうちこそ、跳び出しに迷うなど、
ちょっと、ぎこちない動きもありましたが。
途中からは、無難に対応していましたね。

ゲームは、33分。
永井が右サイドから浮かせたスルーを、
ポンテが受けて、マイナスの折り返し。
これを走り込んできたキャプテン山田が
きっちりと決めて先制。

この日も山田、抜群だった。

守備陣は、坪井に続いて、堀之内までも
離脱となっってしまったものの、
二枚看板の闘莉王啓太はいわずもがな。
ネネ内舘も連携よく、頑張っていました。

Kif_0101

試合時間も残り少なくなったところで
出場の小野伸二も、闘志を前面に
押し出したプレーで、相手の流れを
断ち切ってくれて。足さえ問題なければ、
もっと見たいと思わせてくれました。

1対0の辛勝ではあるけれど、
勝ち点3を獲ったことが重要。
次は、アウェーの名古屋戦。

相性なんか関係ない。
レッズのサッカーをして、
勝ち点3を積み上げるのみ。

私の今期レッズ参戦成績:10勝2分負けなしです

| | コメント (329) | トラックバック (9)

2006年11月 5日 (日)

天皇杯4回戦 浦和 VS 静岡FCに行く

秋晴れの4日、聖地、駒場スタジアムへ。
駒場へは、昨年の天皇杯4回戦、
山形戦以来の参戦です。

Kif_0095

リーグ戦終盤を迎え、優勝争い真っ最中の
合間に行われる、天皇杯4回戦。
ここで、試合の勝敗とともに、
ギドがどのような選手起用をするのか、
大変興味がありました。

・相手が格下ということで、主力選手を休養させる
・さらに、点差が開けば、将来を担う若手を出場させる
等が、考えられましたが。

ギドの選択は、
・故障者を除く、ほぼベストメンバーで試合に臨む
・点差が開いても、リーグ戦と同様の選手交代を行う

というものでした。

若手の細貝や大山を使ったらとか、
レギュラー陣のうちの何人かは休ませれば、
という声もあるかもしれません。
でも、私は、これがギドの采配なんだと理解しました。

ギドは、たとえ4回戦であっても、
天皇杯の頂点を見据えて戦うということ、
そして同時に、リーグ戦では現状での
最強の布陣で戦い抜くということ、
明らかにしたのです。


采配を揮うということは、
自らの意志を明確にするということです。
そして、私はレッズをサポートする身として、
ギドの、この意志に賛同します。


ゲームは、達也×2、長谷部、ワシントン×2、
5対0で勝利し、5回戦へ進出を決めました。

Kif_0097

そして、次週は、
リーグ戦第30節のマリノス戦です。

まず、リーグ戦の優勝を、
そして、その後に続く天皇杯を。
二兎を追う、この先の命運を
ギドに託します。

私の今期レッズ参戦成績:9勝2分負けなしです

| | コメント (187) | トラックバック (65)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »